日本電産リードについて

沿革

日本電産リードの事業活動の沿革と歩みをご紹介

1964年(昭和39年) 1月
各種自動計測・制御システム等を主力事業として創業
1991年(平成3年) 11月
株式会社リードエレクトロニクス(現 日本電産リード株式会社)を設立
1992年(平成4年) 6月 片面自動アライメント付きSTAR-REC(V2)を開発
1993年(平成5年) 6月
STAR-REC(V3)
両面自動アライメント機構付きSTAR-REC(V3)を開発
1994年(平成6年) 2月 液晶業界向け自動検査装置を開発
1996年(平成8年) 6月
多機能型導通規格テスター
多機能型導通短絡テスター開発
1997年(平成9年) 3月 シンポ工業株式会社(現 日本電産シンポ株式会社)が資本参加
4月 日本電産株式会社が資本参加
10月
日本電産リード旧社屋
日本電産リード株式会社に商号変更
1998年(平成10年) 1月
GATS-8100
BGA-MCM多面基板検査装置GATSシリーズの販売を開始
1999年(平成11年) 2月 ドイツ駐在員事務所をフランクフルト近郊に開設
11月 名古屋営業所を開設
2000年(平成12年) 7月 台湾日電産理徳股份有限公司を設立
8月 大阪証券取引所市場(現 東京証券取引所)第二部に上場
2002年(平成14年) 3月 日本電産グループ5社と合弁で、中国平湖市に「日本電産機器装置(折江)有限公司」を設立
2003年(平成15年) 8月
京都市右京区西京極に本社および工場を移転
9月 「アドバンス・コリア株式会社」(現 日本電産リード・コリア株式会社)に資本参加
2004年(平成16年) 3月 「日電産理徳(上海)国際貿易有限公司」を設立
2005年(平成17年) 7月 ボードテスト事業部を日本電産グループ生産技術センターへ移転
2009年(平成21年) 2月 「株式会社ルス・コム」に資本参加
4月 「日本電産機器装置(浙江)有限公司」を分社化し、「日本電産理徳機器装置(浙江)有限公司」を設立
2011年(平成23年) 9月 「タイ日本電産リード株式会社」を設立
7月 「日電産理徳(上海)国際貿易有限公司」を「日本電産理徳機器装置(浙江)有限公司」に合併し、「日本電産理徳機器装置(浙江)有限公司 上海分公司」を発足
2012年(平成24年) 7月 「日本電産リード・インスペクション・カナダ株式会社」を設立
2013年(平成25年) 7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場
2014年(平成26年) 10月 株式交換により日本電産株式会社の完全子会社となる
2017年(平成29年) 11月 「SV Probe Pte. Ltd.」に資本参加