先輩社員紹介

開発部 先輩社員

人物写真

久保 清文
Kubo Kiyofumi
開発部 OSテスター課
2014年入社
医療福祉工学
経済学

学生時代の独学から将来像をイメージ
新規テスターの開発責任はやりがいとイコール

現在の仕事

 現在、先輩の指導の下で当社検査装置の心臓部分であるテスターの開発と評価検証を行っています。テスターの開発を行うためには、既存の計測機能の仕様をすべて把握することが重要であるため、日々の業務内容すべてが勉強の毎日です。見るもの、聞くことを一日でも早く自分の知識・ノウハウとし、新しいテスターの開発に取り組めることを目指しながら日々の業務に取り組んでいます。

仕事の面白さ

 日常業務を通じて、自分の技術力が日々向上していることを実感できることです。与えられた仕事に対する責任は大きいですが、それはやりがいとイコールだと思います。自分の行動の一つ一つが周囲に影響を与えていることを自覚することができますし、日々の業務を通じて自分の技術力を伸ばしていくことで仕事の面白さをより一層感じることができると思います。

学生時代は?

 私が学生時代に最も熱心に取り組んだことは電子工作です。所属していた研究室はどちらかといえば機械系でしたが、研究テーマは電気・電子回路設計やマイコンプログラムが主であり、ほぼ独学で勉強していました。その中で、海外のプリント基板メーカーに自分が設計した基板を注文し、その上にチップ部品や各種ICを実装していました。また、マイコンプログラムについてもC言語を独学で習得し、理想の動きを実装できるように試行錯誤を繰り返していました。これらの経験を通じて、部品配置や配線効率のよい基板をつくることや、効率の良いプログラミングを行うことがいかに難しいかを身をもって知ることができました。

就職を目指す皆さんへ

 社会人として生活していくに当たり重要なことは自分の将来像をイメージすることです。「自分が何をしたいのか」「5年・10年後にどうなっていたいのか」を明確にし、そのために自分に何が必要で、仕事を通じてそれを満たせるかが重要です。就職先を決めるときには多角的に「仕事」を考えることが重要だと思います。