CSR体制について

コンプライアンス基本理念

日本電産グループは、健全に成長し社会に貢献すること(「王道経営」)を経営理念に掲げています。私たちは、顧客、株主、投資家その他の利害関係者の方々からの事業活動の誠実さへの評価が日本電産グループの成長・発展に必要不可欠であると考えており、法令に違反する行為や不誠実な取引による成果を求めません。
日本電産グループのグローバル化が益々進む中、コンプライアンスへの要請は一層高まっており、この日本電産グループコンプライアンス行動規範は、王道経営を実践するために、日本電産グループの役職員全員が、内外各国の法令はもとより社会的規範等を、日々の事業活動の中で遵守していくための具体的な行動指針を定めたものです。
本行動規範は、日本電産株式会社及びその連結対象会社と、それらの全役職員を対象とし、各社の所要の手続きを経て適用します。

基本理念(コンプライアンス7ヵ条)

私たちは、日本電産グループコンプライアンス行動規範の基本理念として、次の「コンプライアンス7ヵ条」を定め、法令や企業に対する社会的要請が時代とともに変化する中で、常にその精神を忘れることなく健全な事業活動を推進し、持続可能な社会の実現に貢献するグローバルな製造企業としての「王道経営」を実践します。

  1. 1.法令を遵守し、崇高な企業倫理に基づく行動を徹底します。
  2. 2.グローバルな製造企業として、製品の安全性と品質の維持に努めます。
  3. 3.適時かつ正確な情報開示を心掛けます。
  4. 4.会社情報および会社財産を適切に管理し、その適正な使用に努めます。
  5. 5.安全で良好な職場環境づくりに努めます。
  6. 6.公正な自由競争を維持し、不公正な競争行為を行いません。
  7. 7.日本電産グループコンプライアンス行動規範の遵守のための必要十分なコンプライアンス体制の整備に努めます。